婚活の原点はお見合いにあり

私が25歳目前の頃、母から8枚の封筒を手渡されました。
中身は全てお見合い相手の釣書と写真です。

当時、父が亡くなったばかりで、母は急に何を思い立ったのか?お見合いを勧めてきました。
その当時の私はというと、社会人になって初めてお付き合いした人に二股をかけられたあげく捨てられ、恋愛はしばらくする気になれませんでした。

しかし現実25歳の誕生日を目前に控えており、25歳までに結婚したかった私が焦っていないといえば、嘘になります。
母の顔を立てるという名目で、8人の中でも見栄えのいい方を選びました。

顔以外には、どれも同じような条件だったのです。
さすがお見合いだけあって、どの方も家柄も良く、公務員・教員という安定した職業でした。

私がお見合いした方は、唯一の商社マンでした。
地元の観光ホテルのロビーで仲人さんに引き合わせてもらい、例の決め台詞「あとは若い方同士で…」と言われ、近くの観光地を巡り、カフェでお茶をしました。

最後に相手の方が車のドアをカフェの花壇にぶつけたことだけが印象深いお見合いでした。

毎日電話

彼氏から、毎日電話があったのです。
彼の仕事は、昼勤と夜勤があり2交代制だったのです。

夜勤の時は、会社の休憩中にいつも電話があったのです。
それも、休憩中の度に電話があったのです。

彼氏の休憩の時間を教えて貰っていたので、彼氏が休憩の時間になると電話の前で彼氏から電話がかかってくるのを待っていたのです。

彼氏の仕事の都合上、お互いの休みが合うことが多くなかったので、彼氏との繋がりは電話だけだったの時が多かったのです。
私も彼氏の家の連絡先は知っていましたが、私からかけることはなかったのです。

彼氏から、電話がかかってくるのが当たり前と思っていたのかもしれないのだが、私は1度も彼氏の家に電話をかけることがなかったのだ。
不思議でしょ。

こういう面から、いろいろと疑いを持ってしまい、結局は別れました。
電話なんて気休めにしかならないですし、繋がる手段としても、近さが伝わらないので。
遠距離恋愛は、お互いの人間性が優れていないと、すぐにダメになるものですよ。

お互いがピュアで意志が固い性格でなけば、大概は情に流されてしまいます。
遠い恋人よりも近い異性の友人に流れますよね。
なかなか欲望に逆らうのは出来ません。

ましてや人間形成の出来上がっていない十代や二十代前半なら、まあ、遠距離恋愛は難しいことでしょう。

音信不通になった彼

失恋はきついですが、失恋したのかどうかが分からない方がもっときついということを身を持って知りました。
現在音信不通中の彼。

一体何を考えているのかわかりませんが、前触れもなく突然連絡が取れなくなりました。
共通の友人の話だと、バイト先や学校には普通に出てきているらしいので、病気や事故というわけでも無さそうです。

考えられる原因は、私の事が嫌いになったか、他に好きな人でもできたか位なのですが、別れ話すらしていないので、どうしていいのか分かりません。

もう吹っ切ろうと思う時もあれば、いつか連絡が来るのではないかという期待もあって、精神的に不安定な日々を送っています。
これならいっそ、失恋してしまった方が気が楽な気がします。

スカートの中のストッキングの脚に魅了される
アダルト無修正動画リンク集
無修正動画と裏DVDのサンプル動画サイトを集めたアダルト動画サイトリンク集。常に最新版を掲載中。
dougahakkutsu.com/

«